食用ユリのウィルスフリー化技術

食用ユリのウィルスフリー化技術

タイトル食用ユリのウィルスフリー化技術
担当機関岩手県園芸試験場 野菜花き部
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 茎頂培養における基礎培地はMurasige & Skoog培地とする。
    2. 添加ホルモンはNAA0.1~1.0mg/l、BA0.1mg/lとする。
    3. 茎頂は0.3mm程度の大きさのものを摘出、置床し、2000~3000Lux、16hr、D.L.、
      温度22度C前後で培養する。
    4. 育成個体のウィルス検定は、カーボランダム法によりキュウリモザイクウィルス
      (CMV)、カンキツタターリーウィルス(CTLV)について容易に検定できる。
    表1. 培地の組成と器官分化率
    表2. カーボランダム法によるウィルス検定
    表3. フリー球の生産力
  2. 技術・情報の適用効果
    食用ゆりのウィルスフリー化を目指した培養技術は特に困難な部分もなく、
    キュウリモザイクウィルスやカンキツタターリーウィルスについてのみフリーが
    確認された個体の生育は旺盛で、球重も培養2年目で非フリー球の1.5倍程度になり
    増収する。
  3. 適用の範囲
    県内全域
  4. 普及指導上の留意点
    1. 茎頂を摘出する材料は、大きい球よりもりん片小球(球径1cm程度)を用いた方が
      摘出が容易である。
    2. ウィルス検定では、検定植物が汚染されないよう網室内で厳重に管理し、器具や
      手の消毒を必ず行う。

具体的データ
表1. 培地の組成と器官分化率
表2. カーボランダム法によるウィルス検定
表3. フリー球の生産力
予算区分県単
研究期間1985~1989
発行年度1989
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat