8〜9月どりネットメロンの栽培様式

8〜9月どりネットメロンの栽培様式

タイトル8〜9月どりネットメロンの栽培様式
担当機関山形県立砂丘地農業試験場
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    ネットメロン(品種 アンデル・サンジュエル)の夏秋(8~9月)どりを目標とする
    栽培様式は、4月下旬播種、8月中旬収穫では従来どおりの大型トンネル這い栽培で
    良品生産が可能である。しかし、5月以降播種、8月下旬収穫は、這い栽培では
    品質が劣りハウス立ち栽培で良品生産ができる。
    表1. 果実品質
    表2. 収量と等級割合
  2. 技術・情報の適用効果
    庄内砂丘におけるネットメロンの主な作付け体系は、2月下旬~3月上旬播種、
    7月上~中旬収穫のハウス早熟這い栽培と3月下旬~4月上旬播種、7月下旬~8月上旬
    収穫の大型トンネル這い栽培である。
    そのため7月下旬~8月上旬が出荷ピークとなっているが、夏秋どりの作型の導入で、
    出荷期間が8月中旬~8月下旬まで延長されることでそのピークが崩され、
    ネットメロンの有利販売が可能となる。
  3. 適用の範囲
    砂丘地帯
  4. 普及指導上の留意点
    1. モザイク病対策として、トンネル栽培ではアブラムシの防除を徹底する。また、
      ハウス栽培では白寒冷しゃをサイドに張りアブラムシの飛来を防止する。
    2. 果実肥大しやすい時期のため、水管理に注意する。

具体的データ
表1. 果実品質
表2. 収量と等級割合
予算区分県単
研究期間1989~1989
発行年度1989
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat