キュウリにおけるブルームレス台木品種の施肥反応

キュウリにおけるブルームレス台木品種の施肥反応

タイトルキュウリにおけるブルームレス台木品種の施肥反応
担当機関福島県農業試験場 野菜部
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 収量について、基肥と追肥の組み合わせでは(図1)、
      基肥20kg、追肥40kgで多収となった。追肥のちがいでは
      (図2)、追肥料が40kgを越えると、いずれの品種も
      収量が頭打ちとなる。特にブルームレス台木は多肥しても増収しない。20kgでは
      台木品種により異なり、ブルームレス台木が収量が低い。
    2. 追肥量、品種のちがいと生育では、草丈の伸びは、品種、処理にによる差は
      みられない。側枝の発生は、追肥量の少ない区で発生率が少なく、追肥量が多くなるに
      したがって多くなったが、40kg以上では停滞し、80kg区では減少傾向を示した
      (図3)。
    3. 追肥量、品種のちがいと果実の関係では、果色はいずれの品種も追肥量が多くなると
      色が淡く、黄色味を帯びてくる。供試品種の中では、輝虎が最も黄色味が強い。
      一定時間放置後の減量率では、追肥量との関係はみられないが、ブルームレス台木
      の方が減量率が小さい傾向である
      (表1、表2)。
  2. 技術・情報の適用効果
    ブルームレス台木を導入するに当たり、台木品種のちがいによる施肥反応を知る
    ことにより、台木に合った適正な施肥を行うことができる。
  3. 適用の範囲
    県内全域
  4. 普及指導上の留意点
    本試験は、露地夏秋栽培(5月2日は種)で実施したので、作型、土壌条件を考慮して
    適用する。

具体的データ
図1
図2
図3
表1
表2
予算区分県単
研究期間1988~1989
発行年度1989
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat