冬切り施設バラの有望品種

冬切り施設バラの有望品種

タイトル冬切り施設バラの有望品種
担当機関宮城県園芸試験場 栽培部 花き科
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 施設バラ冬切り型栽培に有望な品種は、トボネ、ローテローゼ、ルーレット、
      アリアンナ、ダーリンの5品種である。
    2. 品種特性
      1. トボネ
        花色はローズピンクで、花型は剣弁高心咲である。花首がやや細い。平均切花長は
        65cm。樹勢が強く、耐病性も強い。
      2. ローテローゼ
        花色は明赤色で、花型は剣弁高心咲である。葉が大きくややバランスに欠けるが、
        花は大輪で花首もしっかりしている。平均切花長は60cm。樹性が強い。
      3. ルーレット
        花色は朱赤色で、花型は剣弁高心咲である。平均切花長65cm。直立性で樹性が
        強い。
      4. アリアンナ
        花色は淡いクリームピンクで、温度により花色がやや変化する。花型は剣弁高心咲
        である。側花蕾の着生が多い。平均切花長55cm。樹性は非常に強く、採花本数が
        多い。
      5. ダーリン
        花色はクリーム色で、花型は剣弁高心咲である。平均切花長65cm。樹性が強く、
        採花本数が多い。
    図1. 株当り採花本数と良花本数及び切花長の分布
    表1. その他の品種特性
  2. 技術・情報の適用効果
    宮城県の施設バラ冬切り型栽培は、冬季の日照条件と温度条件に比較的恵まれている
    ことから、寒冷地の作型としては北限となっている。この作型は、切花単価の高い
    冬季出荷を目的としており、一般的に9月から収穫を始め冬期間も加温して翌年の
    6月までの間に5~6回切花を続け、夏季にせん定して切り下げる。
    この作型に適する品種を選定するために、ガラス温室で28品種を栽培し特性を
    調査した結果、トボネなど5品種が有望とみられ、これらの品種を普及する
    ことによって、バラの安定生産に寄与する。
  3. 適用の範囲
    宮城県下一円
  4. 普及指導上の留意点
    1. 品種特性を十分発揮できるように、低温期の温度は、最低気温15~18度Cに管理する。
    2. 施肥は作土のEC0.5~0.8mSを目安に管理する。
    3. べと病やうどんこ病、アブラムシやハダニなどの病害虫防除を徹底する

具体的データ
図1. 株当り採花本数と良花本数及び切花長の分布
表1. その他の品種特性
予算区分県単
研究期間1988~1991
発行年度1989
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat