トルコギキョウの播種期と栽培法

トルコギキョウの播種期と栽培法

タイトルトルコギキョウの播種期と栽培法
担当機関青森県畑作園芸試験場 園芸部
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. は種期、鉢上げ期、定植期と平均切花期
    2. 育苗方法
      育苗は電熱温床等を利用し、保温マットトンネル内で行う。
      鉢上げしてから定植する場合は、本葉1節期に2号黒色ポリポット等に鉢上げして
      本葉3節期頃に定植する。
      鉢上げしないで直接定植する場合は、発芽してきたら、適宜間引きをして、本葉
      2節期頃に定植する。
    3. 栽植様式
      うね幅160cm、条間12cm、株間12cmの8条植え程度にする。
    4. 越冬中の保温方法
      保温マットトンネルを行なう。
      保温マットトンネル期間は定植直後から5月上旬までである。
  2. 技術・情報の適用効果
    1. 無加温ビニールハウスを利用した、7月中旬~11月中旬出荷が可能となり、
      産地の拡大が図られる。
    2. は種期、鉢上げ期、定植期が明らかになり高品質の切花生産が可能になった。
  3. 適用の範囲
    青森県全域
  4. 普及指導上の留意点
    定植の時は、根を切らないようにていねいに定植し、活着までは保温マットトンネルを
    行なう。
    秋まき栽培でビニールハウスに定植後、活着までは保温マットトンネルで密封する。
    活着後は、日中はトンネルを開けて換気し、夕方から朝までは保温マットトンネルを
    行なう。気温の低い寒い日は保温マットトンネルは密封のままで良い。
    表1. 切花期と切花品質
    表2. 切花期と切花品質

具体的データ
表1. 切花期と切花品質
表2. 切花期と切花品質
予算区分地域重要新技術開発促進事業
研究期間1987~1989
発行年度1989
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat