トルコギキョウの保温管理方法

トルコギキョウの保温管理方法

タイトルトルコギキョウの保温管理方法
担当機関福島県農業試験場 いわき支場
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. トルコギキョウの栽培が増加しているなかで、秋まき栽培の開花期の前進を図るため、
      無加温パイプハウスにおける保温効果について検討した。
    2. トルコギキョウの秋まき(9月中旬)栽培で黒マルチ、二重トンネル被覆することにより
      生育中期の生育が良くなる。特に、保温マット(ホカホカマット)+ポリフィルムの
      二重被覆で効果が高い。なお、黒マルチ単独でも効果が見られる。
    3. 二重トンネル被覆することにより採花日が早くなり、無被覆栽培の開花が6月下旬に
      対し黒マルチ、保温マット(ホカホカマット)+ポリフィルムの二重被覆することにより
      6月上旬開花となる。
    4. 黒マルチ、二重トンネル被覆することにより切り花品質(切花長、重量、花らい数)が
      向上する。なお、無被覆で低温障害による頂芽の生育停止により複数の側芽が発生
      するため採花本数は多くなる。
  2. 技術・情報の適用効果
    1. 保温することにより初期から中期の生育が良くなる。
    2. 無加温パイプハウス内で無被覆栽培対し、マルチ、2重被覆(ポリフィルム+
      ホカホカマット)することにより2週間程度開花が前進し、作期拡大が図れる。
    3. 切り花の品質が向上する。
    表1. 生育中期の生育状況
    表2. 開花傾向および切花形質
  3. 適用の範囲
    県内全域
  4. 普及指導上の留意点
    1. 早生系の品種を用いる。
    2. は種を9中旬とする。

具体的データ
表1. 生育中期の生育状況
表2. 開花傾向および切花形質
予算区分県単
研究期間1987~1989
発行年度1989
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat