良餅質・耐冷性早生糯「アネコモチ」

良餅質・耐冷性早生糯「アネコモチ」

タイトル良餅質・耐冷性早生糯「アネコモチ」
担当機関青森県農業試験場 藤坂支場
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 「アネコモチ」は、早生の耐冷、良質、多収で餅質良の糯品種である。平成3年度より
      青森県で奨励品種に採用された。
    2. 昭和56年に糯の早生、多収、良質を目的として、「ふ系113号」を母、「ふ系糯119号」
      を父として、人工交配を行い、その後代より育成したものである。平成元年より
      「ふ系糯155号」の系統名を付し、地方適否を検討してきたもので、平成3年で
      F10代になる。
    3. 出穂期・成熟期は、「わせとらもち」より早く、「タツミモチ」並みの早生の早に
      属する。稈長は、「わせとらもち」、「タツミモチ」より短く、穂長は
      「わせとらもち」より長く、穂数は「わせとらもち」、「タツミモチ」より少なく、
      短稈・穂重型である。「わせとらもち」並みに倒伏に強く、「わせとらもち」より
      登熟よく多収である。
    4. 耐冷性は「わせとらもち」より強く、「タツミモチ」並みの強である。いもち病
      抵抗性は、Pi-a, iをもつと推定され、圃場抵抗性は葉いもちがやや強、穂いもちが
      やや中である。白葉枯病抵抗性は「わせとらもち」より弱い弱、穂発芽性は
      「わせとらもち」よりしがたい中である。
    5. 玄米の粒形は中、粒大は中に属し、千粒重は「わせとらもち」より重い。白度が高く、
      品質、餅の食味、餅質は「わせとらもち」に優る。
    表1. アネコモチの特性概要
  2. 技術・情報の適用効果
    青森県の早生地帯で作られている「わせとらもち」は早生、多収の糯品種であるが、
    熟期、品質、餅質に難点がある。また、「タツミモチ」は、稈が長く、耐倒伏性に
    難点があり作付けが少ない。「アネコモチ」は、多収、良質で餅質もよく、耐冷性は
    「わせとらもち」より強く「わせとらもち」、「タツミモチ」に替えて普及
    することによって早生地帯の糯米の良質化と生産の安定化を図る。
  3. 適用の範囲
    寒冷地の北部平坦地、その他寒冷地の中山間地から山間地、及び関東以西の山間冷涼地
  4. 普及指導上の留意点
    1. 強稈であるが、品質・食味を低下させないため、多肥栽培は避ける。
    2. 穂いもち抵抗性が中なので、基準防除を徹底する。
    3. 発熟が早いので、遅刈りによる品質低下に注意する。
    4. 白葉枯病には弱いので、常発地は栽培を避ける。

具体的データ
表1. アネコモチの特性概要
予算区分指定試験
研究期間1981~1990
発行年度1990
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat