耐冷性極強・極良食味水稲新奨励品種「ひとめぼれ」

耐冷性極強・極良食味水稲新奨励品種「ひとめぼれ」

タイトル耐冷性極強・極良食味水稲新奨励品種「ひとめぼれ」
担当機関宮城県古川農業試験場 栽培部 作物科
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    宮城県では「ササニシキ」クラスの中生の晩で、耐冷性が強く、食味が極めて良好な
    品種である。平成3年に宮城県の奨励品種に採用された。
    1. 来歴
      「ひとめぼれ」は、昭和57年宮城県古川農業試験場において「コシヒカリ」を母とし、
      「初星」を父として交配した後代から育成されたもので、昭和63年から配布を受け
      地域適応性の検討を行ってきたものである。
    2. 特性
      1. 出穂期は「ササニシキ」並で、成熟期は「ササニシキ」より3~4日早く、宮城県では
        中生の晩である。
      2. 稈長は「ササニシキ」よりやや短く、穂長は「ササニシキ」並。穂数は「ササニシキ」
        よりやや少なく、偏穂数型である。
      3. 耐倒伏性は、やや弱であるが「ササニシキ」より強い。
      4. 障害型耐冷性は「ササニシキ」より強く、極強である。
      5. いもち病真性抵抗性はPi-iと推定され、葉いもちはやや弱であるが、穂いもちは
        「中」で「ササニシキ」より強い。
      6. 収量性は、頴花数が取りにくいため極多収は望めないが、「ササニシキ」より安定
        している。
      7. 玄米品質は「ササニシキ」に優る。
      8. 食味は極良好で「ササニシキ」より明らかに優る。
      1. 普及見込地帯における奨励品種決定調査
      2. 普及見込地帯における年次別収量及び収量比
  2. 技術・情報の適用効果
    宮城県の平坦地帯は、近年、頻発している異常気象で作柄や品質が不安定で、また、
    ササニシキへの過度の作付集中に伴って刈り遅れによる品質低下がみられる。
    「ひとめぼれ」は、「ササニシキ」と出穂期は同じであるが成熟期は早く、耐冷性、
    食味及び玄米品質は「ササニシキ」に優るので、奨励品種に加え、「ササニシキ」
    一品種への過度の作付集中傾向を抑制し、「ササニシキ」と「ひとめぼれ」を基幹
    として、平坦地帯における作柄安定と産米の高品質化が期待できる。
  3. 適用の範囲
    宮城県の平坦地帯及び西部丘陵地帯と三陸沿岸地帯の一部、約16,000ha。
  4. 普及指導上の留意点
    1. 種子の休眠性が強いので、浸漬、催芽を十分に行う。
    2. 健苗育成に心がけ、初期生育の促進をはかり穂数確保に努める。
    3. 「ササニシキ」より穂数及び一穂頴花数が少ないので、栽植密度、施肥法に配慮し
      頴花数の確保に努める。
    4. いもち病抵抗性は十分でないので、防除は「ササニシキ」に準じて行う。
    5. 成熟期が早いので、刈り遅れないように注意する。

具体的データ
1. 普及見込地帯における奨励品種決定調査
2. 普及見込地帯における年次別収量及び収量比
予算区分国・県
研究期間1988~1990
発行年度1990
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat