大豆品種「スズカリ」における緩効性肥料(被覆尿素)の追肥効果

大豆品種「スズカリ」における緩効性肥料(被覆尿素)の追肥効果

タイトル大豆品種「スズカリ」における緩効性肥料(被覆尿素)の追肥効果
担当機関青森県農業試験場 水田利用部
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. これまで開花期追肥の効果が不安定な大豆「スズカリ」に対して培土期に緩効性肥料を
      追肥した結果、稔実莢数・百粒中が増加し、平成元年に19%、平成2年に8%増収し、
      安定的な結果が認められた。
    2. 追肥の時期は6・7葉期である。
    3. 基肥量は標準施肥量(10a当たり窒素2~3kg、りん酸10~15kg、加里8~10kg)とし、
      追肥量は窒素で10a当たり5kg施用する。
    4. 肥料の種類は被覆尿素(LPコート)70日タイプが適する。
    5. 畦間に施用し、直後に培土する。
    表1. 追肥法と生育・収量
    耕種概要
  2. 技術・情報の適用効果
    大豆の培土時期に緩効性肥料(被覆尿素)を追肥することで生育量を増大させることなく8~19%増収することが可能である。また、大豆の開花期追肥に比べ生育量が小さい
    培土時期に追肥するので、追肥作業は容易である。
  3. 適用の範囲
    青森県全域
  4. 普及指導上の留意点

    野菜作付後など肥沃な圃場では、倒伏のおそれもあり、追肥の効果は期待できない。

具体的データ
表1. 追肥法と生育・収量
耕種概要
予算区分県単
研究期間1989~1990
発行年度1990
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat