循環型乾燥機利用によるそばの乾燥法

循環型乾燥機利用によるそばの乾燥法

タイトル循環型乾燥機利用によるそばの乾燥法
担当機関青森県農業試験場 水田利用部
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    米麦用の循環型乾燥機(S社 ADR-24CA)を利用して、汎用コンバインで収穫したそば
    (品種・階上早生、水分36%)の乾燥を行なった結果、以下のことが判明した。
    1. 乾燥機の調整を小麦に準じた設定にし、仕上がり水分:15%、乾燥速度:ふつうにした
      場合、送風温は61~40度Cとなり、自動停止まで(水分19%)の毎時乾減率は1.3%程度
      になる。
    2. 循環乾燥することにより、収穫時に穀粒へ混入した土、雑草、茎等の夾雑物が排気と
      ともに排出され、夾雑物割合が減少し、容積重が著しく増大する
      (図1)。
    3. 供試乾燥機の付属自動水分計(AM1057-A)は、乾燥開始から停止までを通じて実際の
      水分より約4%低い値を示す。
    4. 米麦用水分計(K社 ライスタL)を「籾」に設定し、そばの水分測定が可能である
      (図2)。
  2. 技術・情報の適用効果
    1. 汎用コンバインで収穫した大量の生脱穀そばは、米麦用循環型乾燥機を利用
      することで、効率的な乾燥が可能である。
    2. 米麦用の水分計を利用して、そばの初期水分確認および仕上り(水分15%)の判定が
      できる。
  3. 適用の範囲
    県下全域
  4. 普及指導上の留意点
    乾燥終了時の仕上り量は、乾燥開始時の張り込み量の2/3程度になる。これを見越して、
    仕上り量が乾燥機の最低張込み量以下にならないように注意する。

具体的データ
図1
図2
予算区分国庫助成
研究期間1988~1990
発行年度1990
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat