作物の種類および土壌環境要因とキタネグサレセンチュウの増殖

作物の種類および土壌環境要因とキタネグサレセンチュウの増殖

タイトル作物の種類および土壌環境要因とキタネグサレセンチュウの増殖
担当機関岩手県立農業試験場 技術部 畑作科
岩手県立農業試験場 環境部 病害虫科、土壌改良科
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
1.技術・情報の内容及び特徴
土地利用型作物を中心に栽培後のキタネグサレセンチュウ(Pratylenchus penetrans)の増殖程度を明らかにするとともに、増殖に及ぼす土壌環境要因
(水分、地温)の影響を明らかにした。
  1. キタネグサレセンチュウ(以下線虫)の増殖程度は作物によって異なる。また、作物それぞれに増殖の上限密度のあることが推定される(図1)。上限密度によって分類すると次のようになる。
    1. しゅんぎく、にんじん、レタス、ばれいしょ→700頭以上
    2. スイートコーン、キャベツ、はくさい、カリフラワー→300~500頭程度
    3. ブロッコリー、だいこん、スーダン型ソルガム→100~200頭程度
    4. ギニアグラス、きび→20~30頭程度(減少)
    (注:頭数は生土30g供試ベールマン法による分離虫数)
  2. だいこんは、線虫の増殖程度は大きくないが、被害は発現しやすい。また、品種、作期により被害程度に差がある(図2)。
  3. 線虫の増殖に好適な土壌環境条件は、厚層多腐植質黒ボク土(大津統)では、pF1.8~2.2程度の高水分、地温20度前後である(表1、2)。

2.技術・情報の適用効果
野菜類における線虫被害回避対策の参考となる。

3.適用の範囲
黒ボク土の野菜作地帯

4.普及指導上の留意点
  1. 作物による増殖程度は、品種によって異なることも考えられるので、留意する。
  2. 春のだいこん栽培におけるマルチの使用は、線虫被害を助長するので、防除対策を徹底する。
  3. 土壌水分を低下させる対策として、畦立て(20cm以上)栽培も有効である。
具体的データ
図1 ネグサレセンチュウ密度の増減(平成元~2年)
図2 圃場試験におけるだいこんの線虫被害程度(昭和63~平成元年)
表1 作付前後の線虫密度とレタス生育調査結果(平成元年、土壌温度勾配 )
表2 作付前後の線虫密度とだいこんの生育被害調査結果(平成元年)
予算区分予算
研究期間1987~1990
1988~1991
1989~1991
発表論文(一部)北日本病虫研報41(1990)
北日本病虫研究会発表(1991)
発行年度1990
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat