リンゴ新品種‘メロー’

リンゴ新品種‘メロー’

タイトルリンゴ新品種‘メロー’
担当機関青森県りんご試験場 育種 栽培
区分(部会名)果樹
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 樹は、全般的にゴールデン・デリシャスに似る。結実が早く、豊産性である。
      斑点落葉病の抵抗性は、ふじと同じ程度である。受粉には、つがる、ふじ、王林、
      デリシャス系統が適するが、ゴールデン・デリシャスは不適当である。本種の花粉は、
      ゴールデン・デリシャス、陸奥およびジョナゴールドの授粉には不適当である。
    2. 果実は、大きさが300g前後で、形は長円形である。色は黄色で、陽向面が淡紅色
      になる。つるさびが出やすい。糖度15%前後、酸度0.40g/100ミリリットル前後で、
      食味は甘い。収穫直後の硬度は、15ポンドくらいである。
    3. 青森県での収穫時期は、10月下旬~11月上旬で、貯蔵力は、冷蔵で3月末頃までである。
    4. 欠点は、つるさびがやや多いこと及び貯蔵中に油の上がることである。
    表1 果実形質
    表2 斑点落葉病り病程度
    表3 つるさび発生率
  2. 技術・情報の適用効果
    本種は、食味が良く、また、現在の主力品種にはない豊かな香りを持っているので、
    リンゴの消費拡大に寄与すると期待される。
  3. 適用の範囲
    青森県のリンゴ栽培地域
  4. 普及指導上の留意点
    つるさびが出やすく、特に、側果はほぼ全果に発生するので、摘果に当たっては、必ず
    中心果を残す。また、収穫が遅れると、貯蔵中に油の上がる傾向があるので、
    適期収穫に努める。

具体的データ
表1 果実形質
表2 斑点落葉病り病程度
表3 つるさび発生率
予算区分経常
研究期間1989~2015
発行年度1990
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat