ブドウ新品種‘ノースレッド’

ブドウ新品種‘ノースレッド’

タイトルブドウ新品種‘ノースレッド’
担当機関秋田県果樹試験場 天王分場
区分(部会名)果樹
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. “ノースレッド”は、農水省果樹試験場安芸津支場で昭和51年“セネカ”×
      “キャンベル・アーリー”の交配組合せから選抜した個体で、系統名は安芸津4号
      である。
    2. ブドウ第4回(寒地向き)系統適応性検定試験供試系統として1985年3月19日穂木4本を
      配布され、直ちにT-5BB(V・F)を台木に接木し、6月8日本圃に定植した。1986年初結果
      し、以来5ヵ年樹性、果実特性を継続して調査した。
    3. 樹は樹勢中位、耐寒性は強くキャンベル・アーリーと同等、花穂の形成はキャンベル・
      アーリーよりやや劣るが通常1結果枝に2花穂形成される。開花期はキャンベル・
      アーリーと同時期、花ぶるい性は中位である。耐病性は強い部類に属し全体として
      栽培は容易である(表1)。
    4. 果実は、満開65~70日後平年で8月6半旬に成熟期に入る。果粒は鮮紅に着色し美しい。
      粒重は4.5g程度でキャンベル・アーリーより小さい。含核数は平均2.7個、果房重は
      250g程度でやや小さい。果実の棚持ちは成熟期に入ってから20日以上ですこぶる良い
      (表3)。
    5. 食味は果肉軟塊、果皮はやや厚いが、糖度高く甘味比40以上に達し、ほどよい香りが
      うまさを引立てている。果粒の裂果はキャンベル・アーリーより少な目である
      (表2、表4)。
    6. 5ヵ年の結果から、生産力はキャンベル・アーリーより低いと考察したが成熟期、
      容易な栽培性、優れた食味などから本県における経済栽培性は高い。
  2. 技術・情報の適用効果
    1. 本県の主力品種であるキャンベル・アーリーは、消費離れにより需要が減退して
      経済性の低下が著しい。
    2. “ノースレッド”は成熟期が8月下旬で早く、東北地方特有の9月の秋雨前に収穫が
      可能である。
    3. “ノースレッド”は糖度が高く、酸は低く甘味比が40以上となり、加えて種子離れも
      良いことから食べ易く、香りを伴った食味は優れ、キャンベル・アーリーの補完品種
      として期待でき、消費ニーズに応えた経済性の高い品種である。
    4. 現地試験の結果、県北部、県南部いずれの気象条件でも生育、果実品質とも良好な
      結果を認めた。
  3. 適用の範囲
    県内全域
  4. 普及指導上の留意点
    1. 樹勢を維持し生産力を高めるために土壌改良を積極的に進める。
    2. 結実した果粒の種子数が多いので果粒の肥大は期待できるが、栽培環境によって左右
      される。
    3. 果実の棚持ちはすこぶる良いが、9月中旬以降過熱になると果粒の裂果が多くなるから、
      過剰な着果を避け適期の収穫を心がける。

具体的データ
表1
表3
表2
表4
予算区分県単
研究期間1986~1995
発行年度1990
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat