スターチス・シヌアータの早出し栽培法 −播種期とマルチの種類選定による−

スターチス・シヌアータの早出し栽培法 −播種期とマルチの種類選定による−

タイトルスターチス・シヌアータの早出し栽培法 −播種期とマルチの種類選定による−
担当機関岩手県園芸試験場南部分場
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 播種期
      低温障害を軽減し早期収量、総収量の安定している播種期は、10月上~中旬である。
      その場合、収穫は5月上旬に開始となり、7月下旬で株当り25本以上の収穫は可能である。
      (表1)
    2. マルチの種類
      早出し作型におけるマルチの種類は、早期収量の高い透明マルチが適する
      (表2)
  2. 技術・情報の適用効果
    1. 冬春期温暖な気象条件を活用したスターチス・シヌアークの5月上旬から収穫開始と
      なる早出し作型が確立され、収益が安定し、産地化に寄与できる。
  3. 適用の範囲
    中南部沿岸、両盤地帯
  4. 普及指導上の留意点
    1. 育苗は無加温ハウス育苗とし、育苗期間は3号ポット利用で50日程度とする。
    2. 保温は外部ビニール+内張りカーテン+トンネル(ビニール+シルバー)の
      4重被覆とする。
      特に抽台以後の幼穂は低温に弱いため最低温度0度C以上を確保する。
      トンネル被覆中に抽台茎は30~40cmとなるため、大きめのトンネルとする。
    3. 透明ポリマルチは、葉が地面を覆ったら除去する。

具体的データ
(表1)
(表2)
予算区分県単
研究期間1987~1989
発行年度1990
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat