電話回線のネットワーク上で作動する低価格の温度測定装置

電話回線のネットワーク上で作動する低価格の温度測定装置

タイトル電話回線のネットワーク上で作動する低価格の温度測定装置
担当機関東北農業試験場 地域基盤研究部 気象環境制御研究室
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. インテリジェントモデム(IKA1200,岩通精密製)およびこれに内臓のサーミスタ
      温度センサー接続用基板、動作制御用のプログラムで構成される[愛称:伝環気、
      デンワキ] (図1)。
    2. 電話回線に接続するだけで温度を定期的に測定し、記録データを指定時刻に
      ホストコンピュータに転送することができる
      (図2、図3)。
    3. 測定値があらかじめ設定した上・下限を超えたときに、警報をホストコンピュータ
      に送信することができる。
    4. ホストコンピュータからの指示で、温度の測定、データの送出、プログラムの
      保守・修正等を行うこともできる。
    5. 低価格の温度測定ネットワークを構築することができる。1台10万円以下で製品化
      の予定。
  2. 技術・情報の適用効果
    次のような応用例が考えられる。
    1. 作物の生育予測と栽培管理
      対象圃場の気象から、発育速度や積算気温を日々計算し、ある値に達したとき
      に施肥や薬散等の管理を指示する。
    2. 気象災害警報
      アラーム機能を利用して、異常低温や霜警報などを発する。
    3. 温室・畜舎等の管理
      遠隔地の農業施設の気温をモニターしたり、高温・低温等の異常警報を発する。
  3. 適用の範囲
    温度の推定が難しく、実測値や警報等の必要な地点・場面。
  4. 普及指導上の留意点
    本装置の送出信号は周波数なので、ホスト側で温度に換算する必要がある(図2)。
    0度C-6kΩのサーミスセンサーを使用する。測定精度はJISの等級に準ずる
    が、高精度の測定を要する場合には、個々の機器を検定し、ホスト側で補正する
    のが望ましい。ホスト側は一般のターミナルソフトでも受信できるが、専用の
    ソフトの方が、通信トラブルが少なく、使い勝手もよい(図3)。通常の電話機と
    併用してネットワークを構成する場合には、デジタル通信網(例えば、INS64)に
    加入するのが望ましい。

具体的データ
図1
図2
図3
予算区分経常・場特定(平2)
研究期間1989~1991
発行年度1991
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat