水稲の発育ステージの予測法

水稲の発育ステージの予測法

タイトル水稲の発育ステージの予測法
担当機関福島県農業試験場 種芸部
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    水稲の発育速度(DVR)を、農業試験場における作況試験の移植期、幼穂形成始期、
    出穂期のデータと日平均気温から、ノンパラメトリック法で求めた。
    このDVRの中から、予測精度の高い4葉抽出期から幼穂形成始期、幼穂形成始期
    から出穂期の発育指数(DVI)を求め、発育ステージ予測モデルを作成した。
    このモデルに、1990年および1991年の稲作期間の気象経過を当てはめ、ササニシキ
    とコシヒカリの発育ステージの予測を行ったところ、幼穂形成始期は1~3日、
    出穂期は1~2日の誤差で、推定できた。
    実際の予測に当たっては、予測当日までは実測値の平均気温からDVRを求め、それ
    以降は過去の平均気温をそれぞれ当てはめて、発育ステージの予測値に幅をもた
    せる。
    表1 クロスバリディションによる
    推定値と実測値の差(ササニシキ)
    表2 クロスバリディションによる
    推定値と実測値の差(コシヒカリ)
    表3 推定モデルの適合性
  2. 技術・情報の適用効果
    当該年次の気象変化に対応した発育ステージの予測が可能となる。
    発育ステージの予測結果をもとに、気象変動に対応した技術対策を立てることが
    できる。
  3. 適用の範囲
    福島県中通り地域のササニシキとコシヒカリの稚苗移植地帯
  4. 普及指導上の留意点
    1. 気象データは、AMeDASの平均気温またはこれに準ずる方法で測定した日平均気温を
      用いる。
    2. 5月10日以前の早植えおよび5月25日以降の晩植では、予測精度が劣る。

具体的データ
表3 推定モデルの適合性
予算区分経常
研究期間1989~1991
発行年度1991
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat