東北地方における畦畔シロクローバのダイズわい化ウィルス保毒実態

東北地方における畦畔シロクローバのダイズわい化ウィルス保毒実態

タイトル東北地方における畦畔シロクローバのダイズわい化ウィルス保毒実態
担当機関東北農業試験場 地域基盤研究部 病害生態研究室
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    東北地方各地(120地点)の畦畔シロクローバのダイズわい化ウィルス(SDV)保毒
    率をELISA検定により調べた結果、秋田県及び山形県の日本海沿岸の一部
    地域を除くほぼ東北地方全域でSDV保毒シロクローバの発生が確認され、
    ダイズわい化病の多発地ほど畦畔シロクローバのSDV保毒率が高い傾向が
    認められた(図1、図2)。
  2. 技術・情報の適用効果
    SDVを保毒した畦畔シロクローバがダイズわい化病の主要な伝染源となっている
    ことから、本情報は各地域における防除対策の基礎資料となる。
  3. 適用の範囲
    東北地方全域。
  4. 普及指導上の留意点
    本情報は1990年8月から11月にかけて各地の畦畔シロクローバを採取し
    調査した結果である。一方、東北地方におけるダイズわい化病の発生
    地域は、1971年の青森県における初発確認後、急速に南下拡大して
    現在では東北全県に及んでいる。したがって、各地の畦畔シロクローバの
    SDV保毒率は今後さらに増加するものと考えられ、本調査でSDV保毒
    シロクローバの発生が認められなかった地域でも本病の発生動向に注意を
    要する。

具体的データ
図1
図2
予算区分経常
研究期間1989~1991
発行年度1991
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat