HMG投与による肉用牛(日本短角種)の誘起多胎技術

HMG投与による肉用牛(日本短角種)の誘起多胎技術

タイトルHMG投与による肉用牛(日本短角種)の誘起多胎技術
担当機関東北農業試験場畜産部家畜繁殖研究室
区分(部会名)東北農業
区分(部会名)畜産
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. HMG投与量の増加に伴い、発情時の発育卵胞数と黄体形成数が多くなり、
      HMG100IU1回投与及び150IU1回投与で安定した双子生産に適した2個排卵
      の確率が高くなった(表1)。
    2. HMG100IUとPGF2α(HMG投与後24時間)による野外試験の結果、
      2個排卵の割合は23頭中15頭(65%)であり、3個以上の排卵がみられた牛は
      少なかった(図1)。
    3. HMG100IU投与とまき牛繁殖を組み合わせた上記の野外試験の受胎成績では、
      超音波診断装置による妊娠鑑定で平均胎子数1.6頭が得られたが、実際の
      双子分娩頭数は18頭中5頭に減少した(表2)。
  2. 技術・情報の適用効果
    誘起多胎技術では、妊娠途中での流死産が起こり易くなる三子以上の多胎
    妊娠を回避することが重要になる。この点、従来用いられてきたPMSGに比べて、
    HMGの低単位投与(100IU)によって安定した双子生産に適した2個排卵の高い
    確率が得られる。ただし、子付き授乳牛では卵巣反応が若干劣るようであり、
    HMG投与量を150IUに増やす必要があると考えられる。
  3. 適用の範囲
    東北地域の日本短角種飼養地帯
  4. 普及指導上の留意点
    まき牛繁殖と組み合わせて誘起多胎を行なう場合、8頭程度の群を同時に
    処置しても受胎率に影響はないが、野外試験でみられたように広い牧区では
    受胎率が低下するので留意する。また、双胎妊娠牛では特に放牧期の栄養
    管理に注意する。HMG:ヒト閉経期性腺刺激ホルモン

具体的データ
表1
図1
表2
予算区分経常、場特定
研究期間1989~1991
発行年度1991
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat