夏まきシュンギクの生産安定技術

夏まきシュンギクの生産安定技術

タイトル夏まきシュンギクの生産安定技術
担当機関宮城県園芸試験場 栽培部 野菜科
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 播種期と品種
      15品種を供試したが、6月~8月播種では、いずれの品種も7月播種でやや収量が
      低下する傾向が見られる。この中では収量が多く、心枯れ症の発生が比較的少ない
      「きわめ中葉」「おやさと株張中葉」が適している(図
      1)。
    2. 栽植密度
      a当たり2860株(条間20cm、株間12.5cm)程度が適当である
      (表1)。
    3. 寒冷紗被覆
      遮光により心枯れ症の発生が少なくなるが、遮光率が高くなると生育が遅れ、収量が
      低下する傾向があるので、白寒冷紗(遮光率22%)程度の遮光が有効である
      (表2)。
    4. 心枯れ症の発生要因とその防止対策
      心枯れ症は、土壌中の養分過剰等によりカルシウムが吸収できず発生すると
      考えられる。栽培前に土壌分析を行い、分析値に基づく適正な肥培管理が必要である。

      ギ酸カルシウム(300倍液、150cc/立方メートル)を生育中3~5日おきに、散布すると
      心枯れ症の発生防止効果が高い
      (図2、図3、図4)。
  2. 技術・情報の適用効果
    シュンギクは健康野菜として、夏場の消費ニーズが高まっており、技術の導入により
    安定した供給が可能となる。各種事業により設置されたパイプハウスで栽培が可能で、
    他作物との輪作体系の中で導入効果が高い。栽培期間が短く、収益性が高いため
    農家経営の安定につながる。
  3. 適用の範囲
    東北全域
  4. 普及指導上の留意点
    1. 炭そ病等病害虫回避のため、雨よけ栽培を原則とする。
    2. 栽培が高温期のため、土壌が乾燥しすぎないように管理する。
    3. 寒冷紗被覆は、低日照下の条件では使用しない。
    4. 生育が早いので、間引き等の作業は遅れないようにする。

具体的データ
表1
表2
図2
図3
図4
予算区分県単
研究期間1990~1991
発行年度1991
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat