半緑化ウドの栽植様式

半緑化ウドの栽植様式

タイトル半緑化ウドの栽植様式
担当機関山形県立園芸試験場 野菜花き部
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
      半緑化ウドの根株養成における適正な栽植様式は、うね幅1.2m、株間50cmである。
      1. 約150gの分割1芽苗を、雪解け後すぐに上記の栽植様式で深さ約5cmに植え付け、
        11月中旬に掘りあげ、その後、促成に用いる。
      2. 促成栽培に適した根株は、根株重が約1.300~1.500g、太さ25mm以上芽が
        約4芽着生している株である。

      *栽培概要
      1. 株分け植え付け
        3月30~31日
      2. 苗の大きさ
        約150g分割1芽苗
      3. 施肥量(kg/10a)
        N:10 P2O5:10 K2O:10
        苦土石灰:80 モミガラ堆肥5,000
      4. 株掘り上げ
        11月13~14日
      5. 保存
        野積みわらがけ
      6. 伏せ込み
        1月9~11日
      7. 促成温度
        20度C
      8. 軟白資材
        モミガラ
      表1 根株の生育
      図1 階級別収量
      図2 10a当たり商品収量
  2. 技術・情報の適用効果
    従来、ウドの適正な栽植距離については判然とせず、県内各地でまちまちの
    状態であったが、今回の試験で収量の高い栽植様式が明らかになった。
    本栽植様式で10a当たり約1400kgの収量が得られる。
  3. 適用の範囲
    県内一円
  4. 普及指導上の留意点
    なし

具体的データ
表1 根株の生育
図1 階級別収量
図2 10a当たり商品収量
予算区分助成
研究期間1989~1991
発行年度1991
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat