促成イチゴの栽培技術

促成イチゴの栽培技術

タイトル促成イチゴの栽培技術
担当機関山形県立園芸試験場 野菜花き部
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    促成イチゴの栽培に適した技術は以下の通りである。
    1. 適用品種は女峰とする。
    2. 育苗用土は、田土とくん炭を1:2に混合し、これにN:300g/床土1立方メートル
      (N:192mg/10.5cm径ポット640ml)の被覆燐硝安加里70日タイプ
      (N:P2O5:K2O=14:12:14)を混合して用いると良い。
    栽培概要
    1. 育苗
      5月下旬、前年秋作に定植した親株より発生したランナーから採苗。育苗中は雨よけハウスに置床
    2. 夜冷処理
      処理期間 7月20日~8月10日(20日間)
      12度C一定の冷蔵庫に16:00~8:00まで入庫(8時間日長)。
    3. 本畑
      定植 8月10日
    表1 夜冷処理開始時の生育
    表2 開花始期及び収穫始期
    表3 商品果数、果重
    図1 階級別収量
  2. 技術・情報の適用効果
    従来、ポット育苗では育苗期間の施肥管理に多くの労力を要したが、
    この技術により労力の軽減が図られる。
  3. 適用の範囲
    砂丘地を除く県内一円
  4. 普及指導上の留意点
    1. 定植時に花芽を検鏡し、未分化の場合は夜冷処理期間を延長する。
    2. 育苗中はうどんこ病の防除を徹底し、本畑に持ち込まないようにする。

具体的データ
表1 夜冷処理開始時の生育
表2 開花始期及び収穫始期
表3 商品果数、果重
図1 階級別収量
予算区分県単
研究期間1989~1991
発行年度1991
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat