春作、秋作葉茎菜類の機械移植における育苗法

春作、秋作葉茎菜類の機械移植における育苗法

タイトル春作、秋作葉茎菜類の機械移植における育苗法
担当機関山形県立農業試験場 畑作営農部
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    ※I社システム育苗、移植機(機種:PV100)限定
    1. 育苗ポット規格としては、I社連結ポット10-10-40が適する。
    2. 育苗用土にゲルソイルを5%混和することにより初期生育がよくなる。
    3. 秋作野菜はI社システム育苗法で育苗日数を20日とする。
      (キャベツ、ブロッコリー、レタス)
    4. 秋作野菜のは種期は、7月25日以前に行うことで生産安定する。
      (キャベツ、ブロッコリー)
    5. 砕土率は80%以上とする(平成元年)
    6. 移植機のほ場作業量は4.42a/hrで、人力の8.8倍の能率である。
    表1 育苗ポット規格、育苗ポット規格及び用土
    表2 は種期及び育苗期間
    表3 移植機作業精度、作業能率
  2. 技術・情報の適用効果
    1. は種作業時間の短縮及び合理化
    2. 育苗期間の短縮、育苗の省力化
    3. 定植作業時間の短縮及び作業の省力化
    4. 灌水作業の省力
    5. 年2作体系における後作作業の省力化
  3. 適用の範囲
    県内中山間地
  4. 普及指導上の留意点
    1. 春作レタスはI社システム育苗法で育苗日数を30日とする
    2. 畦作りやマルチは、丁寧に行う

具体的データ
表1 育苗ポット規格、育苗ポット規格及び用土
表2 は種期及び育苗期間
表3 移植機作業精度、作業能率
予算区分県単
研究期間1989~1991
発行年度1991
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat