シクラメンのプラグ底面給水育苗

シクラメンのプラグ底面給水育苗

タイトルシクラメンのプラグ底面給水育苗
担当機関福島県農業試験場 いわき支場
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. シクラメンは従来箱育苗であるが、給水方法を改善し、生産効率の高い
      プラグトレーによる育苗方法を開発した。
    2. 底面給水法は育苗ベットに給水マット(イリゲーションマット)を張り、側面にトイを
      配置して常時給水マットに水を給水させ、その上にプラグトレーを置き用土に
      給水する。
    3. 給水処理は育苗器で発芽してから鉢上げまでとし、その後は普通の栽培とした。
      その結果、鉢上げ時の苗の生育は箱育苗より僅かに劣るが、その後の生育に差が
      みられないことから省力的な育苗技術として実用性が高い。
    表1 生育量
  2. 技術・情報の適用効果
    1. トイに給水するだけでよく、灌水の省力化が図れる。
    2. 常時給水であり、灌水むらがなく苗の均一化が図れる。
  3. 適用の範囲
    県内全域
  4. 普及指導上の留意点
    1. 箱育苗に比較し生育が僅かに劣るが、実用的には問題ない。
    2. 給水性の高い用土を用いる。
    3. マット給水を開始する前に十分に灌水し、その後はトイの水を切らさないようにする。
    4. 生育に応じて通常の方法で液肥を行う。

具体的データ
表1 生育量
予算区分県単
研究期間1989~1991
発行年度1991
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat