九州北部の水稲大麦二毛作飼料生産での土壌窒素供給を踏まえた窒素施肥法

九州北部の水稲大麦二毛作飼料生産での土壌窒素供給を踏まえた窒素施肥法

タイトル九州北部の水稲大麦二毛作飼料生産での土壌窒素供給を踏まえた窒素施肥法
要約九州北部の水稲大麦二毛作で飼料生産する場合、水稲「タチアオバ」で2.0t/10a、大麦「ニシノチカラ」で1.4t/10aの乾物収量を目標にし、対応する吸収窒素量をいずれも15kgN/10aとする。窒素施肥量は土壌からの窒素供給を考慮して設定できる。
キーワード二毛作水田、飼料、イネ、オオムギ、窒素肥沃度、窒素施肥、吸収窒素量
担当機関(独)農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター 九州水田輪作研究チーム(兼:イネ発酵TMR研究チーム)
連絡先0942-52-0681
区分(部会名)共通基盤
区分(部会名)九州沖縄農業
専門総合研究(飼料イネ)
専門水田作
専門畜産・草地
専門生産環境(土壌肥料)
分類参考、技術
背景・ねらい近年、水田の活用が奨励され、九州では温暖な気候を活かして水田における水稲と大麦の二毛作栽培で得られる地上部全てを粗飼料として利用する期待が高まっている。その場合、畜産との連携が容易であるため水田に畜糞堆肥が多量施用されやすいので、食用水稲作よりも土壌の窒素肥沃度が多様となり、土壌からの窒素供給を踏まえて窒素施肥する必要がある。そこで、九州北部における飼料用水稲品種「タチアオバ」と現時点で飼料用適性に優れる食糧用大麦品種「ニシノチカラ」の栽培において目標とすべき収量水準を明らかとし、その水準を達成する土壌からの窒素供給を踏まえた窒素施肥法を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 水稲の乾物収量は吸収窒素量と関係(r=0.92**)があり、収量増加が鈍くなる2.0t/10aに対応する吸収窒素量は15kgN/10aである(図1)。大麦でも同様の関係(r=0.87**)があり、収量増加が鈍くなる1.4t/10aに対応する吸収窒素量も15kgN/10aである(図1)。
  2. 水稲の吸収窒素量は作土の窒素含量と相関(r=0.75**)があり、作土の窒素含量から窒素施肥無しでの吸収窒素量を大まかに推定できる(図2)。大麦の吸収窒素量は作土の窒素含量と相関が小さく、窒素施肥無しでは4kgN/10a程度である(図2)。
  3. 茎葉を含む全地上部を収穫する飼料生産において、茎葉を繁茂させる基肥は乾物収量への寄与が高いので、追肥をせずに全て基肥として窒素を施肥しても乾物収量はほとんど減少しない(図3)。
  4. 安価な窒素肥料である硫安によって基肥施用したときの窒素利用率(=吸収窒素増加量/基肥窒素量)は、水稲で50%程度、大麦で85%程度である(図4)。
  5. 以上から、水稲で2.0t/10a、大麦で1.4t/10aの乾物収量を想定し、いずれにおいても対応する吸収窒素量15kgN/10aを目標に、水稲では土壌の窒素含量から推定した土壌由来の吸収窒素量寄与分、また大麦では4kgN/10aを減じ、残りの窒素分について作物毎の基肥窒素利用率で除した窒素量を硫安で基肥として施用するとよい。
成果の活用面・留意点
  1. 福岡県筑後市の二毛作水田で、牛糞堆肥施用量が多様な条件において、飼料用水稲「タチアオバ」(5月下旬移植~10月中旬収穫)と食糧用大麦「ニシノチカラ」(11月中旬播種~4月下旬収穫)を栽培し、黄熟期に地上部全てを収穫した結果である。肥料や堆肥の施用条件は、水稲と大麦のTDN含量に大きな影響を与えなかった。
  2. 試験水田の作土は灰色低地土、作土深は約18cm、CECは約20me/100g乾土であった。これよりも保肥力が小さい水田では基肥の一部を追肥とする検討が必要である。
具体的データ
図1
図2
図3
図4
予算区分基盤
予算区分委託プロ(えさプロ)
研究期間2006~2009
研究担当者原 嘉隆、土屋一成、増田欣也、中野恵子
発表論文原ら(2009) 土肥誌80:241-249
発行年度2009
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat