サツマイモ塊根の糖質含量の制御に関与する転写因子SRF1

サツマイモ塊根の糖質含量の制御に関与する転写因子SRF1

タイトルサツマイモ塊根の糖質含量の制御に関与する転写因子SRF1
要約サツマイモの遺伝子SRF1はDof型の転写因子をコードする。SRF1を過剰発現するサツマイモ形質転換体(品種「高系14号」)の塊根では、遊離のグルコースおよびフラクトースの含量が低下するとともに、デンプン含量が増加する。
キーワードサツマイモ、塊根、糖代謝、デンプン、分子育種
担当機関(独)農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター 機能性利用研究チーム
連絡先0986-24-4273
区分(部会名)九州沖縄農業
専門畑作
分類研究、参考
背景・ねらいサツマイモの塊根には、デンプンや遊離糖類などの糖質が蓄積されている。しかし、これまでのところ、糖質の含量の制御に関する分子レベルでの知見は限られている。一方、他の植物における研究から、細胞内におけるショ糖の利用に関与する2つの酵素であるインベルターゼとショ糖合成酵素の活性のバランスが貯蔵器官における糖質含量の制御に重要な役割を果たすことが知られている。ここでは、Dof型の転写因子SRF1を過剰発現するサツマイモの形質転換体について遺伝子発現や糖質含量を調査し、塊根の糖質含量の制御へのSRF1の関与を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. サツマイモの遺伝子SRF1はDof型のジンクフィンガードメインを持ち、497アミノ酸からなる転写因子をコードする(図1)。
  2. SRF1を過剰発現するサツマイモ形質転換体(品種「高系14号」)では、3個ある液胞型インベルターゼ遺伝子の1つであるIbβfruct2の塊根での発現が非形質転換体の15~25%程度に減少し、液胞型インベルターゼの活性も35%程度に減少する(図2)。
  3. SRF1を過剰発現する形質転換体では、塊根のデンプン含量が非形質転換体の1.2倍程度に増加する。一方、遊離のグルコースおよびフラクトースの含量は非形質転換体に比べて30%以下に低下する(表1)。
  4. 以上の結果は、SRF1が液胞型インベルターゼの活性の転写レベルでの調節を介して、塊根の糖質含量の制御に関与することを示唆している(図3)。
成果の活用面・留意点
  1. サツマイモの糖代謝の分子育種のための基礎的資料となる。
  2. 転写因子は、遺伝子の転写調節領域に結合し、遺伝情報のRNAへの転写を促進または抑制するタンパク質因子のことである。
  3. SRF1遺伝子の塩基配列はDDBJ/GenBank/EMBLデータベースに登録済みである(アクセション番号はAB469355)。
具体的データ
表1
図1
図2
図3
予算区分交付金プロ(形態・生理)
予算区分重点強化費(バイオマス)
研究期間2004~2009
研究担当者田中 勝、中山博貴、高畑康浩
発表論文Tanaka et al. (2009) Planta 230:737-746
発行年度2009
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat