マハタの安定養殖生産のためのVNNワクチンの開発

マハタの安定養殖生産のためのVNNワクチンの開発

タイトルマハタの安定養殖生産のためのVNNワクチンの開発
要約マハタは、新規養殖種として期待されているが、養殖過程に頻発するウイルス性神経壊死症(VNN)が生産の障害となっている。本研究は、VNNを予防するワクチンの実用化に必要な基礎的知見の収集を目的とし、ワクチン投与法、製造法を開発し、試作ワクチンが養殖漁場での自然感染に対し有効であることを確認した。これによりマハタの安定生産に必要なVNNワクチンの製品化に目処がついた。
担当機関(独)水産総合研究センター 養殖研究所 病害防除部 種苗期疾病研究グループ
連絡先0972-32-2125
区分(部会名)水産
専門病理
研究対象魚類
分類研究
背景・ねらいマハタは、市場競争力のある新規重要養殖種として量産化が進められているが、養殖過程に頻発するウイルス性神経壊死症(VNN)が、本種の安定生産の最大の障害となっている。本研究は、VNNを予防するワクチンの実用化に必要な基礎的知見を収集することを目的とし、ワクチン投与法、製造法を開発すると共に、養殖漁場での自然感染に対する試作ワクチンの有効性を確認した。
成果の内容・特徴
  1. マハタの養殖場でVNNを引き起こすベータノダウイルスを収集し、ウイルスが遺伝子型および血清型を分析し、ワクチン製造株に必要な性状を明らかにした(図1)。
  2. 開発した不活化ワクチンは、腹腔内への注射法で、投与量は107.3TCID50以上(不活化前の感染価)、投与回数は1回、魚体のサイズは約10g以上で投与する必要があることを明らかにした(図2)。
  3. 不活化ワクチンを製造する際の最適なウイルスの培養条件を明らかにした。これにより、高濃度の培養ウイルスを安定的にワクチンの製造に供給することが出来るようになった。
  4. 試作したワクチンを用い養殖漁場で野外試験を実施したところ、実施した全漁場においてワクチン投与群の累積死亡率は、無投与群に比べ有意に低く、試作ワクチンの有効性と安全性が実証された(図3)。
成果の活用面・留意点
  1. 野外試験おいて本ワクチンの有効性と安全性が確認された。これらの成績は、製薬メーカーによる製造販売の承認申請に必要な資料として利用でき、ワクチンの製品化に目処がついた。
  2. 本成果によりマハタ養殖業の早期の安定化、ひいては養殖産業全体の活性化が図られるものと期待される。また、本病は我が国のみならず東南アジアやヨーロッパなどの多くの国々において、数多くの魚種(30種以上)で多発していることから、本ワクチンの実用化は本病の被害に苦しむ全世界の養殖産業にとっても大きな福音になると考えられる。
具体的データ
図1
図2
図3
予算区分農林水産技術会議 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
研究期間2006~2008
研究担当者森 広一郎(水産総合研究センター)、西岡豊弘(水産総合研究センター)、菅谷琢磨(水産総合研究センター)、佐藤 純(水産総合研究センター)、羽生和弘(三重県)、田中真二(三重県)、山下浩史(愛媛県)、八木秀志(愛媛県)、中岡典義(愛媛県)、松岡 学(愛媛県)、中井敏博(広島大学)、冲中 泰(広島大学)、黒田 丹(日生研株式会社)、堤 信幸(日生研株式会社)、長井伸也(日生研株式会社)、加藤哲雄(日生研株式会社)
発表論文山下・森・黒田・中井 (2009): Journal of Fish Diseases32(9), 767-775.
発行年度2009
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat