音響・光学複合生物観測システム(J-QUESTχ)の開発

音響・光学複合生物観測システム(J-QUESTχ)の開発

タイトル音響・光学複合生物観測システム(J-QUESTχ)の開発
要約深度500mまでの魚群に対して、魚のステレオ映像や音響情報を取得可能なシステムの開発を行った。ステレオ映像から、魚体長、行動、魚種などの情報が、また、搭載している計量魚探機により現存量推定に必要な一尾当たりの反射強度(ターゲットストレングス、以下TS)の測定が可能である。これまで、サンマ、カタクチイワシなどの浮き魚類、頭足類、ハダカイワシ類などの観測に成功している。
担当機関(独)水産総合研究センター 水産工学研究所 漁業生産・情報工学部 資源計測技術研究チーム
連絡先0479-44-5948
区分(部会名)水産
専門計測・調査法
研究対象海洋生態系
分類研究
背景・ねらい音響調査により現存量を推定するためには、魚種の識別と平均ターゲットストレングスが必須である。このため、現場で魚のステレオビデオ映像収録と音響的な反射強度の測定が可能なシステムの開発を行った。漁獲情報と合わせることにより、魚種別により精確な現存量の推定が可能になる。
成果の内容・特徴
  • 高感度なステレオビデオカメラと計量魚群探知機を搭載し、調査船から500mまで吊り下げて使用可能なシステムの開発に成功した。
  • 中深層マイクロネクトンのなかでも情報の少ないハダカイワシ類の映像を得るため、ハダカイワシ類の視感度特性を調べ、見えにくい照明を開発し、搭載している。
  • どの中型の調査船でも観測できるように、システムは移設可能である。
  • 横向き(図1)、下向き(図2)で使用可能。横向きではステレオ画像を精度良く得ることができる。下向きでは、ステレオ画像(図4)の他にTSを精確に測定できる(図5)。
  • これまで、カタクチイワシ、サンマ、サバ類、イカ類、ハダカイワシ類の観測に成功している。
  • ステレオ映像の解析により、魚体長、遊泳姿勢、遊泳速度などの推定が可能である。
成果の活用面・留意点
  • これまで、魚種の識別が難しかったハダカイワシ類などの現存量推定に使用可能。
  • 特に浮き魚類について、音響手法による現存量推定で必要な体長と平均ターゲットストレングスの関係をより精確に求めることができる。
  • 今後、装置の小型化・自動化を進めることにより、漁船や水試の小型調査船での活用が可能になる。
具体的データ
図1
図2
図3
図4
図5
予算区分水産総合研究センター交付金プロジェクト研究
研究期間2006~2008
研究担当者澤田浩一、安部幸樹、内川和久、高尾芳三、石井 憲、渡辺一俊、長谷川英一、杉崎宏哉、岡崎雄二、一井太郎、渡辺 光
発表論文1) Sawada, K., Takahashi,H., Abe, K., Ichii, T., Watanabe, K., and Takao, Y. 2009. Target strength, length, and tilt angle measurements of Pacific saury (Cololabis saira) and Japanese anchovy (Engraulis japonica) using acoustic-optical composite system, ICES J. Mar. Sci., 66, 1212-1218,
2) Sawada, K., Yasuma, H., Ichii, T., Takahashi, H., and Abe, K. 2008. Acoustic characteristics of vertically migrating and non-migrating organisms observed in the North Pacific Ocean (invited paper), J. Acoust.Soc.Am., 2993.
発行年度2009
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat