水稲「ヒノヒカリ」のいもち病真性抵抗性同質遺伝子系統新品種候補「関東IL6号」

水稲「ヒノヒカリ」のいもち病真性抵抗性同質遺伝子系統新品種候補「関東IL6号」

タイトル水稲「ヒノヒカリ」のいもち病真性抵抗性同質遺伝子系統新品種候補「関東IL6号」
要約水稲「関東IL6号」は、インド型系統IR65482-136-2-2が持ついもち病抵抗性遺伝子Pitaを、戻し交配とDNAマーカー選抜により「ヒノヒカリ」に導入したいもち病抵抗性準同質遺伝子系統である。
キーワードイネ、ヒノヒカリ、同質遺伝子系統、いもち病抵抗性、Pita、DNAマーカー
担当機関(独)農業・食品産業技術総合研究機構 作物研究所 稲マーカー育種研究チーム
(独)農業・食品産業技術総合研究機構 作物研究所 低コスト稲育種研究チーム
連絡先029-838-8950
区分(部会名)作物
分類参考、技術
背景・ねらい市場性の高い品種を用いての減農薬栽培・有機栽培用の品種が要望されており、暖地・温暖地向きの代表的な良食味品種である「ヒノヒカリ」に戻し交配とDNAマーカー選抜で抵抗性遺伝子を導入し、同質遺伝子系統を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 「関東IL6号」は、いもち病抵抗性遺伝子Pitaを保有するインド型系統「IR65482-136-2-2」を一回親とし「ヒノヒカリ」を反復親として6回戻し交配し、DNAマーカー選抜により育成された同質遺伝子系統である(表1)。
  2. 「IR65482-4-136-2-2」由来のPita領域の導入染色体断片約1.64Mbを有し、それ以外の染色体領域は「ヒノヒカリ」に置換されている(図1)。
  3. いもち病真性抵抗性遺伝子型は“PitaPiaPii”であり、いもち病抵抗性を除く主要な形質は「ヒノヒカリ」と同等である(表1)。
成果の活用面・留意点
  1. 「関東Il6号」は、「ヒノヒカリ」のいもち病抵抗性マルチライン品種として活用できる。
  2. 適地は温暖地西部の平坦地・暖地の山麓・平坦地である。
  3. いもち病の防除以外の栽培管理は、「ヒノヒカリ」の栽培基準に準じて行うこと。
具体的データ
表1
図1
予算区分DNAマーカー
予算区分ゲノム育種
予算区分新農業展開
研究期間1995~2010
研究担当者平林秀介、根本 博、春原嘉弘、安東郁男、加藤 浩、井辺時雄、常松浩史、佐藤宏之、竹内善信、田中淳一、前田英郎、池ヶ谷智仁、太田久稔、石井卓朗、出田 収、平山正賢、八木忠之、小川紹文、西村 実、岡本正弘、梶 亮太、深浦壮一、溝淵律子
発行年度2010
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat