ダイズ萎縮病の褐斑粒率と種子伝搬率を減少させるサテライトRNA

ダイズ萎縮病の褐斑粒率と種子伝搬率を減少させるサテライトRNA

タイトルダイズ萎縮病の褐斑粒率と種子伝搬率を減少させるサテライトRNA
要約キュウリモザイクウイルス(CMV)のサテライトRNA sat28-19は、ダイズ萎縮病に対し草丈および子実への病徴を軽減する弱毒効果を有する。特に、白目黄大豆「鶴の子」、「トヨハルカ」での褐斑程度および種子伝搬率を大幅に減少させる。
キーワードダイズ、萎縮病、キュウリモザイクウイルス、サテライトRNA、褐斑粒
担当機関(独)農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター 北海道畑輪作研究チーム
(独)農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター 病害抵抗性研究チーム
連絡先011-857-9260
区分(部会名)共通基盤
区分(部会名)北海道農業
専門病害虫
専門生産環境
分類研究、参考
背景・ねらい国内で栽培されているダイズの多くは、種皮の黄色い黄大豆である。ダイズがキュウリモザイクウイルス(CMV)ダイズ系統に感染すると、種皮への着色が生じ、品質を大きく損なうだけでなく、種子伝染による蔓延も懸念される。CMVダイズ系統には、他作物のウイルス病防除に使われているような弱毒ウイルスはない。

そこで、CMVダイズ系統によるダイズ萎縮病の防除に資する目的で、既にトマトで高い弱毒効果を示すことが知られているサテライトRNA sat28-19のダイズ萎縮病に対する病徴軽減効果を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. CMVサテライトRNA sat28-19(Accession No.AB072503)は、黄大豆品種「鶴の子」、「農林2号」、「トヨハルカ」においてCMVダイズ系統(CMV-SA)感染ダイズの草丈での病徴を軽減する(表1)。
  2. CMVサテライトRNA sat28-19は、CMV-SA感染により黄大豆品種「鶴の子」、「農林2号」、「トヨハルカ」に生じる褐斑粒の着色程度を明らかに減じる効果を示す(表2、図1)。
  3. CMVサテライトRNA sat28-19は、CMV-SAの種子伝搬率を1/10以下に減少する(図2)。
成果の活用面・留意点
  1. 本成果は、ウイルス感染によるダイズ種子の品質低下軽減およびダイズ萎縮病防除技術開発の基盤となる。
  2. sat28-19の弱毒効果およびCMV-SAが本来保有しているサテライトRNA SA-satとの競合関係は品種により異なる。
具体的データ
表1
表2
図1
図2
予算区分基盤
研究期間2006~2010
研究担当者早野由里子、眞岡哲夫
発行年度2010
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat