ウリ類退緑黄化ウイルスのゲノム構造解析と近縁ウイルスとの類縁性

ウリ類退緑黄化ウイルスのゲノム構造解析と近縁ウイルスとの類縁性

タイトルウリ類退緑黄化ウイルスのゲノム構造解析と近縁ウイルスとの類縁性
要約ウリ類退緑黄化ウイルスのゲノムは2分節RNAであり、全長8,607塩基のRNA1と全長8,041塩基のRNA2からなる。本ウイルスは、Bean yellow disorder virusLettuce chlorosis virusおよびCucurbit yellow stunt disorder virusに近縁である。
キーワードウリ類退緑黄化ウイルス、ゲノム、系統樹
担当機関(独)農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター 暖地施設野菜花き研究チーム
連絡先096-242-7730
区分(部会名)共通基盤
区分(部会名)九州沖縄農業
専門病害虫(病害)
専門病害虫(病害)
分類研究、参考
背景・ねらいウリ類退緑黄化ウイルス(CCYV)は、タバココナジラミにより媒介され、メロン、キュウリおよびスイカの葉に激しい黄化を引き起こす重要病害である。本ウイルスは、2004年頃初めて発生が確認された世界でも報告例のないクリニウイルスに属する新種ウイルスであるため、ウイルスゲノムを解読し、近縁ウイルスとの類縁関係を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. CCYVのゲノムは2分節1本鎖RNAであり、全長8,607塩基のRNA1と全長8,041塩基のRNA2からなる。
  2. RNA1は4つの遺伝子をコードする(図1)。ORF1aの終始コドン(UAG)の上流に2つのウラシル塩基があり、他のクリニウイルスと同様にORF1bは+1フレームシフトにより転写されることが推定される。ORF2とORF3はそれぞれ約6kDaと約22kDaのタンパク質をコードするが、既知タンパク質や他のクリニウイルスとアミノ酸配列の相同性は認められず、機能は不明である。
  3. RNA2は8つの遺伝子をコードする(図1)。アミノ酸配列の相同性からORF2が70kDa熱ショックタンパク質と相同性を示すタンパク質(HSP70h)、ORF4が細胞間移行タンパク質(p59)、ORF6およびORF7が外被たんぱく質(CP)およびマイナー外被タンパク質(CPm)であることが推測される。ORF1、ORF3、ORF5およびORF8の機能は明らかになっていない。
  4. 他のクリニウイルスと同様にRNA1とRNA2の3'末端非翻訳領域の相同性が極めて高い(図2)。5'末端非翻訳領域は全く相同性が認められない。
  5. HSP70hおよびCPのアミノ酸配列の相同性に基づく系統樹によると、CCYVはBean yellow disorder virus(BnYDV)、Lettuce chlorosis virus(LCV)およびCucurbit yellow stunt disorder virus(CYSDV)に近縁である(図3)。
成果の活用面・留意点
  1. CCYVのRNA1およびRNA2の全塩基配列は、それぞれアクセス番号AB523788およびAB523789によりDDBJから入手できる。
  2. 本配列情報をもとに遺伝子診断法や血清診断法の開発が可能である。
  3. BnYDV、LCVおよびCYSDVはいずれも日本での発生は確認されていない。
  4. 現在、日本以外では、台湾および中国でCCYVの発生が報告されている。
具体的データ
図1
図2
図3
予算区分基盤
予算区分実用技術
研究期間2006~2010
研究担当者奥田 充、岡崎真一郎(大分県)、山崎修一(大分県)、杉山充啓
発表論文Okuda, M. et al. (2010) Host range and complete genome sequence of Cucurbit chlorotic yellows virus, a new member of the genus Crinivirus. Phytopathology 100: 560-566.
発行年度2010
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat