セルトレーを用いたブドウ「ピオーネ」の効率的な挿し木苗生産技術

セルトレーを用いたブドウ「ピオーネ」の効率的な挿し木苗生産技術

タイトルセルトレーを用いたブドウ「ピオーネ」の効率的な挿し木苗生産技術
要約
ブドウ「ピオーネ」の挿し木育苗に市販の固形培地を充填した72穴セルトレーを用いると、育苗圃の小面積化が図られるとともに、成苗率が高い。また、穂木基部の切り口を接着材でコーティングすることで成苗率はさらに高まる。
キーワードブドウ、挿し木苗、セルトレー、切り口保護剤
担当機関岡山農総セ 農試 果樹研究室
連絡先 086-955-0276
区分(部会名)近畿中国四国農業
分類参考、技術
背景・ねらい
ブドウ「ピオーネ」の超密植栽培(10a当たり1,000本栽植)は、早期成園化や多収に有効であるが、大量の苗が必要である。苗コストを考慮すると自家育苗の必要性が高い。このため、できるだけ育苗圃の面積が小さく、成苗率の高い挿し木育苗技術の開発を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 挿し床にはピートモス、パーライト、バーミキュライトを容量比60:20:20で混和した固形培土(商品名:エクセルソイル)を充填した市販の72穴セルトレー(各口部3.7cm正方形、深さ5.0cm)を使用する。フィルムヒーター(1.8m×1.0m、80W/㎡)を用いた温床(25℃設定)の上にパーライトを5cmの厚さに敷き詰め、セルトレーを埋設し、3月中~下旬に1芽挿しを行う(図1)。挿し床はトンネル状にポリエチレンフィルムで被覆し、30℃以上にならないよう開閉する。
  2. 1,000本の挿し木を行うのに必要な面積は、9cmポットが8.3㎡であるのに対し、72穴セルトレーでは2.2㎡であり、約1/4の面積となる(図表省略)。
  3. 切り口保護は挿し穂の基部全面に木工ボンド(酢酸ビニル系)を塗布することで行う。塗布面を乾燥させた後、挿し木時まで約5℃下の冷蔵庫内で保存する。
  4. 発芽率はポリポットに比べて72穴セルトレーの方が高く、成苗率(展葉2枚以上で成長点を持つ定植可能な苗の割合)も高い(表1)。切り口保護を併用すると苗の切り口付近のカルス形成が優れ(図2)、成苗率がさらに高まる(表2)。
  5. 定植後の地上部の生育にはセルトレー育苗とポット育苗との差はない。また、定植翌年の収量、果実品質も同等である(データ省略)。
成果の活用面・留意点
  1. ブドウの密植栽培等、大量の苗を必要とする場合に活用できる。
  2. 培地が乾燥しやすいため、晴天が続けば展葉までは約3日毎、展葉後は毎日、培地が十分に湿るよう、培地表面の乾燥の有無を確認しながら潅水を行う。
  3. 移植適期を逃すと、定植後の初期生育が劣るため、展葉2枚以上となり成長点を有するうちに定植する。
具体的データ
(図1)
(表1)
(図2)
(表2)
予算区分 新たな農林水産施策を推進する実用技術開発事業
研究期間2006~2008
研究担当者藤井雄一郎、小野俊朗
発表論文藤井、小野(2008) 近畿中国四国農研、13:33-37
発行年度2008
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat