大阪湾の栄養塩レベルが底曳網漁獲量に及ぼす影響について

大阪湾の栄養塩レベルが底曳網漁獲量に及ぼす影響について

タイトル大阪湾の栄養塩レベルが底曳網漁獲量に及ぼす影響について
要約大阪湾の栄養塩レベルの指標として大阪府域におけるリンの発生負荷量と、底曳網の主要漁業生物(タコ類、エビ・カニ類、シャコ類およびシタ・カレイ類)の漁獲量との関係について検討した。これら底生魚介類の漁獲量は、一部を除き、負荷量の変化(1955年~2005年、富栄養化と貧栄養化)に対応してそれぞれ特徴的な応答を示し、両者の間には何らかの因果関係が存在するものと推定された。
担当機関地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所 水産技術センター
連絡先072-495-5252
区分(部会名)水産
専門漁場環境
研究対象海洋生態系
分類研究
背景・ねらい瀬戸内海では水質総量規制等により窒素やリンの負荷量が低下し、水質は改善の方向にある。その一方で漁業生産が減少・低迷していることから、生産力低下につながる漁場の栄養塩不足が危惧されている。本課題では、負荷量と大阪湾における主要な漁業生物の漁獲量との関係を解析することによって、負荷量の変遷に対する水産資源の変動について調べた。
成果の内容・特徴
  • 大阪府域におけるリンの発生負荷量は中辻(2002)を主に用い、大阪湾における漁獲量は灘別統計等を用いた。
  • 底質の有機汚濁に対する耐性が強いとされているシャコ類およびシタ・カレイ類については、負荷量の増大とともに漁獲量も増大したが、ある水準を超えると漁獲量は低下傾向を示し、負荷量がピークアウトして減少に転じると再び漁獲量は増大傾向を示し、さらに負荷量が減少すると漁獲量は減少傾向を示した。
  • タコ類については負荷量の増大とともに漁獲量が減少し、負荷量が減少に転じると漁獲量が増大する傾向が見られた。
  • 底質の有機汚濁に敏感なエビ・カニ類についても、タコ類と同様に負荷量が増加すると漁獲量は減少し、負荷量が減少すると漁獲量は増加に転じた。しかしながら、1990年代中頃以降、漁獲量は再び急激に減少し、近年は負荷量の減少以外の要因が支配的に作用している可能性がある。
成果の活用面・留意点これらの関係は、漁獲量および負荷量の推移がそれぞれ資源量および陸域からの栄養塩負荷量の推移を概ね反映しており、かつ陸域からの栄養塩負荷量以外の要因の寄与がほとんど無視できると仮定した場合に成立するものであり、見かけ上の関係を示している可能性を否定できない。しかしながら、エビ・カニ類以外の3種の分類群は、富栄養化進行期と貧栄養化進行期とで、漁獲量がほぼ同じ経路をたどる形で応答したこと、また、それぞれの魚種の底質の有機汚濁に対する耐性を反映した形で特徴的な応答パターンを示したことを考えると、底生魚介類の漁獲量と負荷量との間には何らかの因果関係が存在するものと推定された。
具体的データ
図1
予算区分公的受託
研究期間2009~2010
研究担当者中嶋昌紀((地独)大阪府立環境農林水産総合研究所)、山本圭吾((地独)大阪府立環境農林水産総合研究所)、鍋島靖信((地独)大阪府立環境農林水産総合研究所)、豊口良彦((地独)大阪府立環境農林水産総合研究所)、樽谷賢治((独)水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所)
発表論文1)樽谷賢治・中嶋昌紀(2011)閉鎖性内湾域における貧栄養化と水産資源.水環境学会誌 34(A) No.2, 47-50.
発行年度2012
オリジナルURLhttp://fra-seika.fra.affrc.go.jp/~dbmngr/cgi-bin/search/search_detail.cgi?RESULT_ID=4152&YEAR=2012
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat