カンキツの268個のSNP遺伝子型を迅速に決定できるアレイの開発

カンキツの268個のSNP遺伝子型を迅速に決定できるアレイの開発

タイトルカンキツの268個のSNP遺伝子型を迅速に決定できるアレイの開発
要約開発したカンキツのSNP(一塩基多型)アレイは、交雑実生集団等を対象に、迅速に268個のSNPマーカーの遺伝子型決定を行うことができ、カンキツのDNAマーカー育種に利用可能である。
キーワードカンキツ、アレイ、SNPマーカー、迅速、育種
担当機関(独)農業・食品産業技術総合研究機構 果樹研究所 カンキツ研究領域
連絡先029-838-6453
分類研究成果情報
背景・ねらいカンキツでは、SSR(単純反復配列)、CAPS(断片増幅多型配列)、SNP(一塩基多型)などのDNA多型を利用したDNAマーカーが開発され、重要形質のマッピングと選抜マーカーの作出、素材品種の評価や遺伝子型決定、DNAマーカー育種に利用されている。しかし、多様な育種目標に対応し、形質のマッピングと選抜マーカー開発を効率よく進めるためには、多数の交雑個体で遺伝子型決定を迅速に行うためのシステムが必要である。それを実現する技術として、カンキツSNPアレイ(以下「本アレイ」)を開発する。
成果の内容・特徴
  1. 本アレイに搭載されたSNPは、クレメンティン、「宮川早生」、「トロビタ」、「麻豆ブンタン」、キシュウミカン、カンキツ興津46号、「かんきつ中間母本農6号」由来のゲノム塩基配列をクレメンティン半数体の配列と比較参照して開発したものである。
  2. カンキツ97品種・系統および88交雑実生に本アレイを適用した結果、268個のSNPマーカー遺伝子型の判定が可能であり、本アレイを用いて効率的にカンキツの遺伝子型が判定できる。
  3. 268個のSNPマーカーは、97品種・系統に適用した結果、ヘテロ遺伝子型の割合が高く、選抜マーカーに適している(表1)。
  4. 本アレイは、268個のSNPについて、同時に96サンプルの遺伝子型決定を行うことができ、解析に要する期間は5日間であることから、従来法と比べて迅速な分析が可能である。
成果の活用面・留意点
  1. 本アレイは、迅速な連鎖地図の作成、多様な形質のマッピングを通じて、DNAマーカー育種に貢献する。
  2. 本アレイは、カンキツ属には有効であるが、近縁のカラタチやキンカンを交配親とした品種・系統に対しては、正しい結果を得られない可能性がある。
  3. 得られたSNPおよび周辺配列情報は、本研究成果情報の関連論文(発表論文等を参照)のSupplementary Materialとして公開している(表2)。
具体的データ
表1
表2
予算区分交付金
研究期間2008~2012
研究担当者藤井 浩、島田武彦、野中圭介、喜多正幸、國賀 武、遠藤朋子、生駒吉識、大村三男(静岡大)
発表論文Fujii et al. (2013) Tree Genet. Genomes, 9: 145-153.
発行年度2012
オリジナルURLhttp://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/fruit/2012/142g0_08_24.html
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat