グルコース測定に基づく糖質米の新たな簡易選抜

グルコース測定に基づく糖質米の新たな簡易選抜

タイトルグルコース測定に基づく糖質米の新たな簡易選抜
要約米粒中のグルコース含有率とフィトグリコーゲン含有率の間には、正の相関がある。この相関を活用してグルコース含有率を測定することで、糖質米を簡易に選抜することが可能である。
キーワードsugary-1、糖質米、フィトグリコーゲン、グルコース
担当機関(独)農業・食品産業技術総合研究機構 作物研究所 稲研究領域
連絡先029-838-8951
分類研究成果情報
背景・ねらい米の多用途利用には、特色ある米の育成が重要である。糖質米品種 (sugary-1) は、胚乳内部にデンプンの代わりにフィトグリコーゲンを蓄積することから、これまでの米とは異なった加工特性を示す。さらに、ギャバ含有率も一般品種と比較し3倍程度高いことが知られ、新たな利用価値が期待される。しかしその一方で、糖質米の玄米は扁平し外観品質が劣り、精米できなかった。そこで、これまでの扁平な外観に頼った選抜法ではなく、新たな選抜法を開発することを目的とする。
成果の内容・特徴
  1. 玄米半粒をグルコース検出試薬の中に浸すことで、糖質米粒を簡単に判別することができる。糖質米品種「あゆのひかり」や糖質米系統「北陸糖237号」は他の品種と比較し、4~5倍程度のグルコース含有率を示す(図1)。
  2. グルコース含有率は、フィトグリコーゲン含有率と正の相関を示す(図2A)。「北陸糖237号」と「コシヒカリ」を交配して得られたF2集団の遺伝解析においても、グルコースとフィトグリコーゲンの含有率は正の相関を示し、劣性一遺伝子変異として期待される分離を示すことから、グルコース含有率により選抜は可能であると判断できる(図2B)。
  3. 上記のF2集団から選抜された糖質米後代系統(F4)の玄米では、米粒の厚さが増している(図3)。
成果の活用面・留意点
  1. 玄米半粒をグルコース検出試薬に浸すだけで糖質米を判別できるため、交配後代の一次選抜に適している。
具体的データ
図1
図2
図3
予算区分交付金
研究期間2010~2013
研究担当者濱田茂樹、鈴木啓太郎、鈴木保宏
発表論文Hamada et al. (2014) Development of a new selection method and quality improvement of sugary-1 rice mutants. Breeding Science 63: 461-467
発行年度2013
オリジナルURLhttp://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/nics/2013/nics13_s01.html
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat