予測のための推定量を使うと指数分布の母数推定方法が変わる。

予測のための推定量を使うと指数分布の母数推定方法が変わる。

タイトル予測のための推定量を使うと指数分布の母数推定方法が変わる。
要約データを使って指数分布の母数を推定する際、最尤法に替えて予測のための推定量を用いる。すると、予測の意味で最尤法より優れた推定値が得られる。このことは、従来の平均寿命の計算方法をこの新しい計算方法に変更するべきであることを意味する。
キーワードガンマ分布、最尤法、指数分布、平均寿命、平均対数尤度、予測誤差
担当機関(独)農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター 情報利用研究領域
連絡先029-838-8481
分類研究成果情報
背景・ねらいこれまでの統計学における推定では最尤推定量が用いられることが多かった。しかし、最尤推定量による推定値は予測の意味で最適なものとは限らない。そこで、指数分布の推定において、最尤推定量より予測の意味で優れた推定値を与える方法を開発する。この方法を予測推定量(predictive estimator)と呼ぶ。
成果の内容・特徴
成果の活用面・留意点
具体的データ
図1
図2
図3
予算区分交付金
研究期間2011~2015
研究担当者竹澤邦夫
発表論文Takezawa K.(2015)British J. of Mathematics & Computer Science 5(1): 128­-132
発行年度2014
オリジナルURLhttp://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/narc/2014/narc14_s35.html
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat