LAMP法を用いた「赤潮原因プランクトン検出キット」の開発と提供

LAMP法を用いた「赤潮原因プランクトン検出キット」の開発と提供

タイトルLAMP法を用いた「赤潮原因プランクトン検出キット」の開発と提供
要約LAMP法を用いて有害赤潮原因プランクトンであるKarenia mikimotoiおよびChattonella属を高感度、かつ簡単、正確、迅速に検出するための「赤潮原因プランクトン検出キット」を(株)ニッポンジーンと共同開発し、提供を開始した。
担当機関(国研)水産研究・教育機構 瀬戸内海区水産研究所 環境保全研究センター 有害・有毒藻類グループ
連絡先0829-55-3695
区分(部会名)水産
専門赤潮・貝毒
研究対象植物プランクトン
分類普及
背景・ねらい有害プランクトンのモニタリングは、赤潮や貝毒による被害を軽減するための有効な手段の一つとなっている。モニタリングでは原因プランクトン種を正確に判別する必要があるが、それには高度な技術や知識が必要である。近年、遺伝子情報を用いた種判別技術は、有害赤潮原因プランクトンのモニタリングにも導入され、プランクトンの検出や種同定を支援する有効なツールとなりつつある。本課題では、これまで技術開発を進めてきたLAMP(Loop-Mediated Isothermal Amplification)法による有害赤潮プランクトンの検出・同定手法の普及、現場での実用化を図るため、「赤潮原因プランクトン検出キット」を(株)ニッポンジーンと共同開発した。 
成果の内容・特徴日本沿岸で特に影響が大きい赤潮原因種Karenia mikimotoi、およびChattonella属(C. marina, C. antiqua, C. ovata共通)(図1)を対象として,「赤潮原因プランクトン検出キット」2種を開発した。キット化に際し、プランクトンの回収方法、DNA抽出方法と使用する試薬、海水のLAMP反応への影響、検出判定試薬の選択などを再検討し、海水中に存在する赤潮プランクトンの検出に適した方法と試薬の選択・配合をした。検出キットでは、海水から濾過・抽出したDNAを検査溶液に加えて62℃(K. mikimotoi)または66℃ (Chattonella属)で1時間保温してUVライトを当てるだけで、高感度(検出液中に赤潮原因プランクトンが1細胞あれば検出可能)で迅速かつ簡単に正確な検出ができる(図2)。検出キットには、LAMP法を実施するために必要な試薬類(DNA抽出試薬、LAMP法反応試薬、陽性コントロール、検出判定試薬)および反応チューブ類がセットになっており(図3)、モニタリング等へのLAMP法導入のハードルを下げる役割を果たすものと期待される。 
成果の活用面・留意点本検出キットでは、海水のろ過量とDNA抽出溶媒用で検出感度を変更できることから、種判別の支援ツールとしてだけでなく、冬季越冬細胞の分布海域の把握や赤潮プランクトンの初期発生の把握など、赤潮の早期予測にも活用できる。今後、検出キットの活用方法など、技術的な普及が必要となる。また、試験研究機関でモニタリング等に活用し、多くのLAMP法活用事例を作ることが今後の普及につながる。
予算区分水産庁委託事業
研究期間2015~2016
研究担当者坂本節子、桑原隆治
発行年度2016
オリジナルURLhttp://fra-seika.fra.affrc.go.jp/~dbmngr/cgi-bin/search/search_detail.cgi?RESULT_ID=6222&YEAR=2016
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat