Stand biomass estimation method by canopy coverage for application to remote sensing in an arid area of Western Australia(樹冠サイズによる現存量推定法のリモートセンシング技術への応用)

Stand biomass estimation method by canopy coverage for application to remote sensing in an arid area of Western Australia(樹冠サイズによる現存量推定法のリモートセンシング技術への応用)

年度2005
業績番号2005219012
研究機関名森林総合研究所
タイトルStand biomass estimation method by canopy coverage for application to remote sensing in an arid area of Western Australia(樹冠サイズによる現存量推定法のリモートセンシング技術への応用)
著者筑波大 Hideki Suganuma(菅沼秀樹)
筑波大 Yukuo Abe(安部征雄)
三重大 Masahiko Taniguchi(斉藤昌宏)
Hiroyuki Tanouchi(田内裕之)
Hajime Utsugi(宇都木玄)
成蹊大 Toshinori Kojima(小島紀徳)
東京大 Koichi Yamada(山田興一)
掲載誌Forest Ecology and Management
巻・号222
ページ75-87
発刊年月2006 1
業績種別発表論文
課題(1)開発途上国の荒廃地回復手法の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020050292
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat