アレロパシーや毒性が強く新たに侵入して問題となる外来植物について

アレロパシーや毒性が強く新たに侵入して問題となる外来植物について

年度2006
業績番号2006613891
研究機関名農業環境技術研究所
タイトルアレロパシーや毒性が強く新たに侵入して問題となる外来植物について
担当者藤井義晴
学会名等科振調プロジェクト「外来植物のリスク評価と蔓延防止策」アウトリーチ活動 第6回公開セミナー「外来植物のリスクを調べて蔓延を防止する」
講演日2006.12
業績種別学会講演
課題(1)(1)外来生物及び遺伝子組換え生物の生態系影響評価とリスク管理技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020051363
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat