イネ感光性遺伝子Hd1, Hd5およびLhd4間に見出された出穂期調節における相互作用

イネ感光性遺伝子Hd1, Hd5およびLhd4間に見出された出穂期調節における相互作用

年度2006
業績番号2006614107
研究機関名農業生物資源研究所
タイトルイネ感光性遺伝子Hd1, Hd5およびLhd4間に見出された出穂期調節における相互作用
担当者 野々上慈徳
山内歌子
藤野賢治
矢野昌裕
講演要旨集タイトル育種学研究 8(別1)
講演要旨集記載ページ0
業績種別学会講演
課題(1)(1)多様性研究によるイネ遺伝資源の高度化と利用
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020051579
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat