ヒトムスカリン作動性アセチルコリン受容体M2サブタイプによる線虫Gタンパク質 GOA-1 の活性化: 進化的に離れた生物種に由来するGタンパク質共役型受容体とGタンパク質の機能的共役

ヒトムスカリン作動性アセチルコリン受容体M2サブタイプによる線虫Gタンパク質 GOA-1 の活性化: 進化的に離れた生物種に由来するGタンパク質共役型受容体とGタンパク質の機能的共役

年度2006
業績番号2006614620
研究機関名農業生物資源研究所
タイトルヒトムスカリン作動性アセチルコリン受容体M2サブタイプによる線虫Gタンパク質 GOA-1 の活性化: 進化的に離れた生物種に由来するGタンパク質共役型受容体とGタンパク質の機能的共役
担当者 皆葉正臣
市山進
小島桂
尾崎まみこ
加藤祐輔
講演要旨集タイトル日本薬学会第127年会要旨集
講演要旨集記載ページ174
業績種別学会講演
課題(1)(3)昆虫の生体防御機構の解明と利用技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020052092
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat