Borate Cross-Linked/Total Rhamnogalacturonan II Ratio in Cell Walls for the Biochemical Diagnosis of Boron Deficiency in Hydroponically Grown Pumpkin

Borate Cross-Linked/Total Rhamnogalacturonan II Ratio in Cell Walls for the Biochemical Diagnosis of Boron Deficiency in Hydroponically Grown Pumpkin

年度2006
業績番号2006221114
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
タイトルBorate Cross-Linked/Total Rhamnogalacturonan II Ratio in Cell Walls for the Biochemical Diagnosis of Boron Deficiency in Hydroponically Grown Pumpkin
著者農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター 田畑輪換研究チーム Toshiro Matsunaga
森林総研 Tadashi Ishii
掲載誌Analytical Sciences
巻・号22
ページ1125-1127
発刊年月2006
業績種別発表論文
課題(1)d.田畑輪換の継続に伴う大豆生産力の低下要因の解明と対策技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020054821
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat