地形の持つ曲線要素を活かした棚田整備手法の導入可能性

地形の持つ曲線要素を活かした棚田整備手法の導入可能性

年度2006
業績番号2006222321
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
タイトル地形の持つ曲線要素を活かした棚田整備手法の導入可能性
著者農業・食品産業技術総合研究機構 農村工学研究所 農村環境部 環境評価研 木村吉寿
松森堅治
栗田英治
掲載誌農村計画論文集
巻・号25
ページ503-508
発刊年月2006
業績種別発表論文
課題(1)d.地域資源を活用した豊かな農村環境の形成・管理技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020056028
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat