Borate Cross-linked/Total Rhamnogalacturonan II Ratio in Cell Walls for the Biochemical Diaonosis of Boron Deficiency in Hydroponically Grown Pumpkin. (水耕栽培したカボチャのホウ素の欠乏状態の診断のための細胞壁中での全ラムノガラクツロナンIIに占めるホウ素架橋したラムノガラクツロナンIIの割合について)

Borate Cross-linked/Total Rhamnogalacturonan II Ratio in Cell Walls for the Biochemical Diaonosis of Boron Deficiency in Hydroponically Grown Pumpkin. (水耕栽培したカボチャのホウ素の欠乏状態の診断のための細胞壁中での全ラムノガラクツロナンIIに占めるホウ素架橋したラムノガラクツロナンIIの割合について)

年度2006
業績番号2006223127
研究機関名森林総合研究所
タイトルBorate Cross-linked/Total Rhamnogalacturonan II Ratio in Cell Walls for the Biochemical Diaonosis of Boron Deficiency in Hydroponically Grown Pumpkin. (水耕栽培したカボチャのホウ素の欠乏状態の診断のための細胞壁中での全ラムノガラクツロナンIIに占めるホウ素架橋したラムノガラクツロナンIIの割合について)
著者森林総合研究所 バイオマス化学研究領域 チーム長 石井忠
中央農研 Matsunaga Toshiro (松永俊朗)
掲載誌Analytical Science
巻・号22
ページ1125-1127
発刊年月2006 8
業績種別発表論文
課題(1)b 木質系資源の機能及び特性の解明
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020056834
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat