寒天を市販色素を用いた新標識の,マツカワ,オニオコゼ,マダイ,トラフグ,キジハタ,メバルに対する有効性と新規素材の検討

寒天を市販色素を用いた新標識の,マツカワ,オニオコゼ,マダイ,トラフグ,キジハタ,メバルに対する有効性と新規素材の検討

年度2007
業績番号2007617293
研究機関名水産総合研究センター
タイトル寒天を市販色素を用いた新標識の,マツカワ,オニオコゼ,マダイ,トラフグ,キジハタ,メバルに対する有効性と新規素材の検討
担当者水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,栽培資源部,栽培技術研究室,太田健吾
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,栽培資源部,栽培技術研究室,松村上直人
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,栽培資源部,栽培技術研究室,市川 卓
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,栽培資源部,栽培技術研究室,関谷幸生
講演要旨集タイトル平成19年度日本水産学会大会
講演要旨集記載ページ199-199
発刊年月2007.3
学会名等2007年度日本水産学会春季大会
講演日2007.3.30
講演要旨集の有無
業績種別学会講演
課題(1)(イ)生態系機能の保全に配慮した種苗放流・資源培養技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020059082
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat