東北地域における水稲直播栽培導入による冷害危険期分散効果

東北地域における水稲直播栽培導入による冷害危険期分散効果

年度2007
業績番号2007226579
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
タイトル東北地域における水稲直播栽培導入による冷害危険期分散効果
著者農業・食品産業技術総合研究機構,東北研,東北水田輪作研究チーム,吉永悟志
青森農総研,中林光文
青森農総研,木村利行
岩手農研,日影勝幸
岩手農研,小田中温美
古川農試,浅野真澄
古川農試,結城裕美
福島農総セ,木田義信
農業・食品産業技術総合研究機構,長田健二
農業・食品産業技術総合研究機構,白土宏之
業績種別発表論文
発表誌日本作物学会東北支部会報,50,103-104,2007
課題(1)k.地域条件を活かした高生産性水田・畑輪作のキーテクノロジーの開発と現地実証に基づく輪作体系の確立
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020061534
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat