Effect of Infection Timing on Fusarium Head Blight and Mycotoxin Accumulation in Open- and Closed-Flowering Barley

Effect of Infection Timing on Fusarium Head Blight and Mycotoxin Accumulation in Open- and Closed-Flowering Barley

年度2007
業績番号2007226764
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
タイトルEffect of Infection Timing on Fusarium Head Blight and Mycotoxin Accumulation in Open- and Closed-Flowering Barley
著者農業・食品産業技術総合研究機構,九州沖縄農研,赤かび病研究チーム,吉田めぐみ
農業・食品産業技術総合研究機構,Naoyuki Kawada
農業・食品産業技術総合研究機構,Takashi Nakajima
業績種別発表論文
発表誌Phytopathology,97,1054-1062,2007
課題(1)a.かび毒汚染低減のための麦類赤かび病防除技術及び高度抵抗性系統の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020061719
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat