A discrepancy in superoxide scavenging activity between the ESR-spin trapping method and the luminol chemiluminescence method.

A discrepancy in superoxide scavenging activity between the ESR-spin trapping method and the luminol chemiluminescence method.

年度2007
業績番号2007227483
研究機関名水産総合研究センター
タイトルA discrepancy in superoxide scavenging activity between the ESR-spin trapping method and the luminol chemiluminescence method.
著者東北大学,未来科学技術共同研究センター,未来量子生命反応工学創製部門,Sato E
サニーヘルス株式会社,ヒット商品開発部,Niwano Y
サニーヘルス株式会社,ヒット商品開発部,Mokudai T
東北大学,未来科学技術共同研究センター,未来量子生命反応工学創製部門,Kohno T
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,赤潮環境部,有毒プランクトン研究室,Matsuyama Y
長崎大学,水産学部,海洋生物物理化学研究室,Kim D
業績種別発表論文
発表誌Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry,71(6),1505-1513,2007,6
課題(1)(ウ)外来生物や有毒・有害生物等の影響評価・発生予察・被害防止技術の高度化
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020062438
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat