トラフグ人工種苗の減耗要因の検討:天然種苗と人工種苗の比較

トラフグ人工種苗の減耗要因の検討:天然種苗と人工種苗の比較

年度2007
業績番号2007227647
研究機関名水産総合研究センター
タイトルトラフグ人工種苗の減耗要因の検討:天然種苗と人工種苗の比較
著者水産総合研究センター,宮古栽培漁業センター,清水大輔
水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,百島実験施設,崎山一孝
阪倉良孝
高谷智裕
水産総合研究センター,宮津栽培漁業センター,高橋庸一
業績種別発表論文
発表誌日本水産学会誌,73(2),ISSN: 0021-5392,461-469,2007,5
課題(1)(イ)生態系機能の保全に配慮した種苗放流・資源培養技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020062602
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat