Is the introduction of the biological control agent, Chrysoperla carnea (Stephens, 1836), risky or beneficial?

Is the introduction of the biological control agent, Chrysoperla carnea (Stephens, 1836), risky or beneficial?

年度2007
業績番号2007227691
研究機関名農業環境技術研究所
タイトルIs the introduction of the biological control agent, Chrysoperla carnea (Stephens, 1836), risky or beneficial?
著者農業環境技術研究所,生物多様性研究領域,Atsushi Mochizuki
Hideshi Naka
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,中央農業総合研究センター,Takayuki Mitsunaga
千葉大学,Naoto Haruyama
千葉大学,Masashi Nomura
業績種別発表論文
発表誌ANNALI DEL MUSEO CIVICO DI STORIA NATURALE DI FERRARA,8,197-202,2007,4
課題(1)(1)外来生物及び遺伝子組換え生物の生態系影響評価とリスク管理技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020062646
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat