Assessing the potential impacts of climate change on the alpine habitat suitability of Japanese stone pine (Pinus pumila) ハイマツの潜在分布域の予測と温暖化影響

Assessing the potential impacts of climate change on the alpine habitat suitability of Japanese stone pine (Pinus pumila) ハイマツの潜在分布域の予測と温暖化影響

年度2008
業績番号2008233093
研究機関名森林総合研究所
タイトルAssessing the potential impacts of climate change on the alpine habitat suitability of Japanese stone pine (Pinus pumila) ハイマツの潜在分布域の予測と温暖化影響
著者森林総合研究所,北海道支謇,Horikawa Masahiro
森林総合研究所,北海道支謇,Tsuyama Ikutaro
森林総合研究所,北海道支謇,Matsui Tetsuya
森林総合研究所,北海道支謇,Kominami Yuji
森林総合研究所,北海道支謇,Tanaka Nobuyuki
業績種別発表論文
発表誌Landscape Ecology(2008)、24:115-128,0921-2973, 1572-9761 (electronic version)
課題(1)a 森林への温暖化影響予測及び二酸化炭素吸収源の評価・活用技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020069319
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat